• トップ
  • 説明会・セミナー
  • 【50回勉強会】知っているけど、理解できていないかもしれない素朴な【銀行融資】7つの知識  ~銀行交渉力のアップ、戦略的な借入に直結!~

【50回勉強会】知っているけど、理解できていないかもしれない素朴な【銀行融資】7つの知識  ~銀行交渉力のアップ、戦略的な借入に直結!~

このイベントは終了しました

 

2024年6月11日(火)に「勉強会」を開催いたします。

 

今回の勉強会のテーマは以下の通りです。

 

・知っているけど、理解できていないかもしれない素朴な【銀行融資】7つの知識 ~銀行交渉力のアップ、戦略的な借入に直結!~

 

たとえば、皆さん、以下の用語についてしっかりと理解できていますか?

 

 

“創業”の定義 自己資金の定義(※自己資金と現預金) 実態バランスシート 
実質債務超過 実質金利 実質借入金 借入金返済方法の違い 
俯瞰図 経常収支比率 ファクタリングと売掛債権担保融資の違い 
信用格付け/クレジットスコアリング/債務者区分の違い 
定量評価と定性評価の違い オンラインレンディングとビジネスローンの違い 
事業性評価融資とプロパー融資とマル保の違い
日本公庫直の融資とマル経の違い 短コロと当座貸越の違い 
金利と利率の違い 債務償還年数とEBITDA有利子負債倍率の違い 
など

 

 

これら表現については、金融機関さんは普通に使っていますが、皆さん、これらの定義について説明することできますでしょうか。

 

説明するとなると・・・意外と難しくありませんか。

 

結構、曖昧ではないでしょうか。

 

実は、勘違いして理解されている専門家も少なくありません。

 

今回の勉強会では、これらの用語について丁寧にご説明いたします。

 

以上のすべてを取り上げることはできませんが、7つほど取り上げて解説します。

 

「正確に理解して利用する」ということが健全な借入に直結すると思われます。

 

また銀行交渉力のアップにも直結します。

 

実際に会員様からの質問の中には、こういう用語の定義を正確に理解されていなくて、「銀行交渉で損をしてしまった」「適切なアドバイスができていなかった」というようなケースもありました。

 

特に士業やコンサルタントの会員様においては、アドバイスをする側の立場ですので、できる限り正確な知識を有している必要があります。

 

私も会員様に対して、ごくごく当たり前に口にしている表現ばかりですが、こういう用語の解説や活用方法について、お話ししたことってありませんよね。

 

とても基本的なこと、と思われかもしれませんが、実にとても大切なことです。

 

勉強会を通して、しっかりと理解していきましょうー!

 

私も多方面からしっかりと下調べをして、レジュメを作成しますね。

 

基本的な解説の方が結構大変だったりしますよー。苦笑

 

是非、6月11日の勉強会にご参加ください。

 

そして、私が困るほど素朴な質問をたくさんぶつけてください!笑

 

 

日時 2024年6月11日(火)
ご案内

・タイトル:会員様限定 資金調達【勉強会】

・日程:2024年6月11日(※日程は変更する場合もあります。)

・時間:16時00分~18時00分完全終了

・場所:都内会議室にて(ZOOMによるハイブリッド配信)

・講師:吉田学

お申込み このイベントは終了しました
お問い合わせ

・会員様でない方でお試し参加を希望される方は、参加料がかかりますのでご了承ください。(セミナー:15,000円+税、勉強会:10,000円+税)

・必ず「お試し参加希望日」についてお知らせください。

| イベント一覧 |

▲ページTOP